アセンション狂奏曲

今日は、ちょっと辛口コメント。
最近アセンションという言葉をよく耳にします。特に日本のスピリチュアル系の文章などで。
それは、大体2012年前後の地球規模での大きなエネルギーのシフトによる人類への影響それに伴う変化の可能性のことを言っています。そして今実際に天体に次から次へと大きな動きがあってうねりのようなエネルギーウエーブが地球に届いているのも事実です。だから大なり小なりその影響を受けて人生ひっくり返るような経験をしたり悩んだり苦しんだり逆にハイになったり・・・とにかく動きが多い・・・。
確かに人間は、大きな転換期に来ています。そしてこの時期におおきくジャンプ、アセンションできる可能性のあることも本当、 それでもってアセンションとは・・?人間として生きている私たちのエネルギーのバイブレーションがあがりより高いレベルのBEINGとなることです。ワクワク、ドキドキ、エキサイティング!です。でも・・・・・
実は、辛口コメントここからです。実はアセンションという言葉は、日本国内でのここ急速に広まったスピリチュアリティームーブメントの中で一番多く耳にします。そこから感じるエネルギーは、なにか浮き足立ってしまっている、という印象があるんです。何か、嵐がくるー!といって駆け回っているような感じ。それでもって急にメデティーションしてみたり、チャネリングやサイキックデベロップの練習してみたり・・・。自分でやるだけなら勝手だけれど、それを種に妙に世の中をあおっている人たち商売の種にしている人たちまでいることです。
そういう動きをどう思うかっていうと、別に非難する気は毛頭ありません。エネルギーがシフトしているのは、紛れもない事実なんだから・・・。けれどちょっとだけ忠告です。大きな嵐の中で生き残りたかったらどうするか???それは、やたらと駆けずり回らないことです。地に足をしっかりつけて動じないことです。上にいこうとあせっているとふっとばされてどっかに飛んでちゃいますよー!実はその失敗をしちゃったのがアトランティスなんです。
スピリチャリティーは、昨日今日始まったことではありません。スピリチャリテーとは、肉体を持ってこの世に生きている魂のいとなみそのものです。その場その時をいかにハートセンター(真心)にそって生きるか、それしかありません。そしてそれが結局アセンションへの唯一の道なんです。近道は、ありません。
[PR]
by hagiel | 2006-04-19 02:49 | ヒーリング、ACIM
<< キリスト意識 アイスランドの温泉と幻のオーロラ >>