A Course in Miracles

今年1冊の本、THE DISAPPEARANCE OF THE UNIVERSE(神の使者)に出会いそこから導かれて運命の本、A COURSE IN MIRACLESに出会い勉強をはじめました。
その昔、本の虫だっただけに本を読む速度のとても速い私が、9ヶ月近くかかりながら未だ3分の2ほどしか読めない難解な本です。
でもはじめはウンウンうなりながらしかし懲りずに読み進めていくうちにその素晴しさと凄さを実感していきます。

A COURSE IN MIRACLESは、真の赦しによる、私たちが普段認識する事の難しい隠れたエゴマインドの解明とリリースを導くための教本です。

教本の中の日々のレッスンを進めていく事によりしだいに表面化してくるエゴマインドは、従来のヒーリングやトランスパーソナルセラピーなどでは、触る事も出来ない代物です。
そしてそれは、虚像であるGUILT(罪の意識)のかたまりです。
そして驚いたことに物質的な世界の身の回りに起こる事、存在しているように見えることすべてが(自分の肉体も含めて)この隠れたエゴマインドの投影である、という事実を実感しはじめます。
又そのエゴマインドが隠れた深層意識の中で常にささやいている言葉が、SACRIFICE(犠牲)という言葉です。
そしてレッスンを続け、TEXTを読み続けていくうちにはっきりとしてくることは、
SACRIFICE IS AN ATTACK,犠牲と攻撃は同じである、ということです。

それらを解放していく事は並大抵ではないけれど、教本(A COURCE IN MIRACLES)は、神、そして神の使者であるHOLY SPIRITにいかにしてすべてをゆだねていくか、そのすべを人間の能力の限界をはるかに超えた驚くべき知性により実に正確に伝えてくれます。

そして真の赦しにより到達するのがATONEMENTです。
ATONEMENTとは・・・?辞書で引くと、償いあがない、という言葉がでてきます。
でもそれは決して、罪の償いあがないという意味ではありません。
そして真のATONEMENTの理解、それを受け入れる事が救いにつながります。
”Accept Atonement and you are healed"

まだまだ始まったばかりの旅です。
たぶん一生かかって,もしかすると何度かの人生をかけて進めていく勉強です。
今はただひたすら裸になっていく謙虚になっていく過程の中にいます。

でも、この本に出会った事それだけで、言葉に出来ないほどの救いを得る事ができました。
それは、ここに一点のしみもない真実があることを知る事からくる安心感です。
そして一点のしみのない真実の中に愛があり、それが本当の自分の姿(SPIRIT)なのです。
それを思い出していく為の旅です。
ここに真の癒しがあることを実感しています。
又読み進め勉強し進めつつ経過をご報告できる事と思います。

長い間ブログをお休み中、ご連絡くださった方々ありがとうございました。


You do not know the meaning of anything you perceive.
Not one thought you hold is wholly true.
The recognition of this is your firm beginning.

A Course in Miraclesより
[PR]
by hagiel | 2007-11-10 04:21 | ア・コース・イン・ミラクルズ
<< I will accept A... クリケット >>