マイケルの大冒険

昨日、次男のマイケルが旅に出ました。
大学入学前のGAP YEARで7ヶ月半、日本、スリランカ、インド、インドネシア、オーストラリア、アメリカを友人4人で放浪する計画です。

子供たちの事は大雑把に把握して自分たち任せ、のんきな母親である私も、さすがに今回は人並みに心配しました。
私に輪をかけて大雑把はっきり言って大ボケマイケルが、7ヶ月,たいした計画もなく飛行機チケット、多少のお金、バックパックを背負ってどうなることやら・・・・。

出発の日が迫ってくるにつれ、ボルネオのジャングルで行方不明になってしまうマイケル・・・なんていう筋書きが頭に浮かんでは消え、次第に落ち着かなくなってくるのでした・・・。
でも、瞑想をしつつ心の奥をのぞいてみるとこの不安は、のんびり天下泰平の彼に気持ちの上でおおいに頼っていた私、その支えが旅立ってしまいどうしよう・・・と、何のことはない自分自身に対する不安でもあるのでした。

そして今日の朝、旅立った次の日の”A Course in Miracles”のレッスンがこれでした。

I am in danger nowhere in the world.

Your son is safe wherever he may be, you are there with him.

And there we are in truth.
No storms can come into the hallowed haven of our home.
In God we are secure.
For what can come to threaten God Himself,or make afraid what will forever be a part of Him?

読みながら大きな安心感と感謝の気持ちで涙がながれつづけました。
A course in Miraclesはこうやって実生活に起こる事に平行しながら、いかにして神を信頼しすべてを委ねていくか、確実に絶妙なタイミングでに諭していってくれるのです。

ア・コース・イン・ミラクルズを通して私が四苦八苦しながら学んでいる”真の赦し”をさりげなく身をもって教えてくれるマイケル、友人たちと知らない土地をまわり、いろいろな人たちと出会い助けられ,失敗なんかもしながら、かけがえのない経験をしてくる事と思います。

Thank you so much.

I love you , I'm proud of you so much. and

God bless your journey!
[PR]
by hagiel | 2008-02-03 23:39 | ア・コース・イン・ミラクルズ
<< 空飛ぶペンギン I will accept A... >>