バルセロナの修道院にて

年末年始の数日間バルセロナで過ごしました。
観光を兼ねてちょっと骨休みと軽い気持ちで出かけましたが思いがけない素敵な時を過ごす事ができました。
センターから少し離れた郊外にあるホテルから歩いていける場所に、13世紀に建てられた修道院があると知ったのは着いて三日目、次の日(大晦日の)朝、早速訪ねてみました。
閑静な住宅街を歩き丘の上に見つけた修道院は、とても簡素な美しさに満ちていました。
Monastery of pedralbes,ラテン語で白い石の修道院と言う名のその建物は驚くほどにオリジナルの姿が保たれていました。チャペルでは今も尼さんたちが祈り続けているそうです。
平和と静けさに満ちた中庭を見つめながら長い間座っていたら何か不思議な懐かしさが心に浮かんできました。
e0031336_3133540.jpg


そしてとても興味深かったのが修道院内の小さなミュージアム。
はとんどが名のない僧侶、尼さんたちによって描かれた絵たちは、大きな教会や寺院で見かけるものとはとても違っていたのです。

いつも見かける十字架の上で苦しむ姿とは違う生き生きとしたキリスト。
そしてキリスト、聖母マリアの絵と同等にマグダラのマリアのとても美しい絵がいくつもあった事。
そのひとつは片手に香油そしてもうひとつの手に本を持ったマグダラのマリア。
歴史的にキリスト教の権威が押し付けてきた娼婦としてのマリアの姿とは明らかにかけ離れた、愛と知性に満ちたマリアの姿でした。
私のガイドであるセント テリーザ オブ アビーラの小さな彫刻も見つけました。
そして、私の愛読書である”神の使者”に登場するセント トーマスの小さな絵も見つけてちょっと驚きました。
やはり教会の歴史からはほとんど無視されてきたトーマスの姿、名のない尼さんによって描かれたものでした。
写真をとる事が禁止されていたのが残念だったのですが・・・。

A Course in Miraclesを頼りに手探りで歩き続けている道、その向こうに小さなでも確かな光を見出す事ができた、そんな気がして感謝の気持ちに満たされ癒された経験でした。


When I said 'I am with you always,'
I meant it literally.
I am not absent to anyone in any situation.
Because I am always with you,
You are the way,the truth and the life.
[PR]
by hagiel | 2009-01-05 04:18 |
<< AWAKE IN STILLNESS バベルの塔、二元性の象徴 >>