人気ブログランキング |

<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

グリーンランドの氷

数日前のTHE INDEPENDENT紙にとても気になる記事が載っていた。NASAのスペースサイテンテストでありブッシュ政権の環境対策チームの一員である、ジム ハンセン氏によって書かれた記事である。大体要約してみると・・・サテライトによるグリーンランドのICE CAPの観察の結果、どうもグリーンランドの氷は、5年前の2倍の早さで解けているらしいのだ。そしてこの速度は、2年前の予想もはるかに上回っているらしい。その速度は、1年に2百キュービックキロメーターということで、この状態があと数年つずくともう取り返しのつかないポイントに近づいてしまう。そしてハンセン氏は、この事実をメディアを通して世界的に発表しようとしたところ、あいも変わらずブッシュ政権の強い妨害にあいつぶされてしまったそうなのだ。しかし彼は、地球の環境問題を扱う科学者としての立場からあえて、世界のリベラル紙の何社かに当たりこの事実の発表に踏み切った。
その文面からは、私たちにはほとんど時間が残されていないことがひしひしとつたわってくる・・。
今の私たちは、ほとんど氷の張った湖の上で焚き火をしているバカに近い状態なのかもしれない。

今地球が直面している環境問題は、人類全体が宇宙から課されている難しい問題であると思う。私たち一人一人が、魂の成長のため次から次へと人生の難題に取り組むように人類は、地球レベルでの難題に直面している。それは、いっせいに受ける共通のテストのようなものだが、厄介なことは、どんなに共通な問題であれ、結局は一人一人が自分自身で取り組まなければならないことだ。環境問題も同じであると思う。結局は、その個人がこの問題にどのような姿勢で対処したか、がその人間のカルマとなって帰ってくる。そして個人のカルマが合わさり集団のカルマとなっていく。

環境問題に対する個人の反応は、実にさまざまだ。多くの人が驚くほど関心がない。関心は、あってもできることなど限られている、と投げやりになる人。多少何か貢献してみよう、という姿勢のある人、もちろん積極的に取り組んでいる人たちも多数いる。意識のアセンションという観念の世界からアプローチする人たちもいる。実生活でどれだけのことをしているかは、べつとして・・・。

そして私は、というと・・・、環境問題に対して具体的にやっていることは、・・セントラルヒーティングの温度を23度から20度に下げてセットする、洗剤などを詰め替え可能なエコフレンドリーナ物を使う、スーパーに買い物に行く時自前のバッグを持っていく(あの膨大な数のプラスチックの袋で無駄になる石油の量を考えるとめまいがする・・・)、無駄な電気をなるだけ消す、RENEWABLE ENERGY FUNDにも投資してみた。けれど、やっていることなど実に微々たる物だ。ほとんど何にもやっていないと同じだと思う。そしてこれは、全部確実に私自身のカルマになってくる。
by hagiel | 2006-02-25 07:07

アストラル トラベル

最近アストラル トラベルについて聞いたり質問されたりすることが何度かあったのでここで書いてみます。
アストラル トラベル、(幽体離脱)、out of body experience.何かおどろおどろしい響きを感じるかもしれないけれど実は、寝ている時にたいていの人が経験したことがあります。
幽体、霊体は、普段肉体の周りを取り囲んでいるけれども、体と意識が眠っている隙にちょっとはなれて休憩をしていることがあるのです。なぜかといえば、肉体のバイブレーションはとても重いので、霊体には、しんどいのです。そしてその間のいろいろなことをしていることもあります。スピリットガイドや仲間のスピリットとコミニュケートしたり、どこかにいってみたり・・・。おなかの中の赤ちゃんや生まれたばかりの赤ちゃんもしょっちゅうこれをやっています。だから赤ちゃんは、いつもねてるんですね。もうすぐ亡くなる人も良くこの状態にいます。私の祖父は,なくなる前1,2月しょっちゅう日本からイギリスまで遊びに来ていました。(笑)

たいていの場合目覚めた時には、忘れているのですが・・。でもおぼろげな夢として覚えているのは、良くあることです。どこかに行った夢を見てそれが妙に現実的だったことがあるでしょう?

この経験は、個人差ですが、かなり鮮明に覚えている人もいるし、または経験や訓練により意識的にすることもできます。どれだけ意識的であるかどうかは、アストラル体のどのあたりから離脱しているかにもよります。
私は、時々はなれてヒーリングをしに行っていますが、それは別におせっかいではなく(笑)あくまで向こうの次元で話あってのことです。

とにかくこれは、怖いことでもなんでもないのですが、ひとついえることは、幽体がはなれている間は、肉体が多少無防備になっています。寝る前に、ガイド、エンジェルにプロテクションを頼んでおくと安心です。朝起きたときに妙に疲れていたりするのが直るかもしれませんよ。
by hagiel | 2006-02-21 08:36

我が家のユナイテッド ネーション

今週はハーフターム(イギリスの学校は、学期中に一週間の休みがある)。昨日今日と我が家は、子供たちの友達が入れ替わり立ち代り出入り、お泊りの子もいたりでさながら合宿所状態!
一時は、マイケルの友達2人、ジェイミの友達2人(ニッキーは、大学で下宿生活)、家の中に男の子ばかり6人ひしめいてました。

インド系イギリス人のディーラージは、マイケルの10年来の親友。5年前につずけて両親をなくして以来、遠くの親戚のうちで、暮らしてますが、学校の休みのたびに数日間うちに来ます。さびしいこともあるだろうにそんな顔一度もした事がない彼には、DIGNITYというものを、教えられます。

限りなくやさしい目をした、プロ並みに歌のうまいゼッドは、両親がケニア出身。やはりお父さんを亡くしています。

サイモンは、スコットランド人で(英国には、イングランド、スコットランド、アイルランド、ウエールズの間に目に見えない国境があります 笑)私の長い友人マーガレットの息子.敬虔なカソリックの家庭にそだっています。

アーロンは、父親がイギリス母親がフランス人。
うちの子たちも交えて、我が家はさながらユナイテッド ネーション!

彼らの様子、つかず離れず見ていると、本当に面白い!大きい子等が、小さいのからかったりして時にテンション高まったりもしてますがなーんとなくうまくやっています。年が離れてるからけんかにもならないけど・・・。でも17歳グループも結構こどもっぽかったりして笑います。
肌の色も、宗教も個性もさまざまです。でも彼らの中には、隔たりなどみじんもありません。
ごく自然にそれぞれの個性を尊重し、コミニュケートしています。
これを見ていると、人間社会は、どうしていまひとつこのようになっていかないんだろう・・と思い、ちょっと涙がでそうになります。
by hagiel | 2006-02-17 03:28

アストロジーチャート

前のページでもマヌケなタイプのうち間違いが、多いので注意していきます!

アストロジーチャート(星占い)は、どんな雑誌にも載ってるから良く知られています。
でも、雑誌などに載っているチャートは、ほとんどが太陽が、どの星座の位置にあるかだけで、ほぼテキトーに占っています。でも実際のアストロジーの中では、太陽がどの星座に位置するかは、ほんの一部のインフォメーションでしかなく、本当は、月、火星、水星、木星・・・・・天王星,海王星すべてのプラネットの位置、星座との位置関係が、生まれた時間(何時何分まで)と場所に複雑に絡み合って読み込まれます。それぞれのプラネットには、それぞれ違ったエネルギーが存在し、それがどのような位置関係で天体にあるかにより、地球のエネルギーにも、個人のエネルギーにも微妙に影響を与えるわけです。それはもうおもしろ、ふくざつ、ミステリーです。一般的に知られた星座で見た占いが、どうもしっくりこない感じがするのが多いのは、このせいです

ちなみにわたしのSUN SIGN(一般的に知られている)は、山羊座、一般的には,冷静、知的、ビジネスライク、合理的、地味・・・というようなイメージですが、どうも自分には、ピッタリこない。それもそのはず、MOON SINGが、派手好き、目立ちたがり、陽気な獅子座!実に正反対のキャラクターが、綱引きしているわけですね。人生まとまりつかないわけです!でもこれは、ほんの一部でしかありません。

じぶんのアストロジーチャートを読み込んでいくと、まるで自分自身に関することが書き込まれた本を読んでいるようです。面白くもあり辛らつでもあり・・・。自分探しのひとつの方法ですね。
by hagiel | 2006-02-13 09:41 | ヒーリング、ACIM

ちょっと怖かった話

昨日夜出かける用事が、ありました。終わってからヒーラー仲間が集まっているところにちょっと顔を出しそれから地下鉄に乗りヴィクトリア駅に向かったのが11時すぎ。車両には、ほとんど人気がありません。そしたら次の駅で、三人の若い男が乗り込んできました。何かちょっと様子がおかしい三人、案の定私の脇にふたり、そしてもう一人は、前に座りました。これは、やばい!というので、これは普段絶対にやらないことですが、(プライバシーの侵害になるし、そんなことしてたら私のみが持ちません) 集中して相手三人のオーラを読んでみました。やっぱり・・!三人とも私のオーラを取り囲み、一人から来るエネルギーは、私のバッグに絡み付いています。どうしたものか・・・、でも人気が多いヴィクトリア駅で降りれば、大丈夫だろう、と考えながら徹底的にオーラのプロテクション!動じないよう丹田に力をいれ、エンジェルを呼び前後左右にたってもらいます。
降りたらやはり三人も降り、私を挟む形で歩いてます。ちよっと早足で駅を過ぎ、階段を上がるときに、一人が向きをかえ、こちらにぶつかりそうになりました。そして・・・結局は、バックには、触れずに走り去っていきました。
あの時起こったことは、男は、バックには集中していたけれど、こっちのプロテクションが強かったので近寄れなかった、ということです。

数分してから、最近の、地下鉄駅付近で起きた追いはぎによる殺人事件を思い出し、さすがに足が震えました。
by hagiel | 2006-02-11 06:38

みんなで食べる

この週末、土曜と日曜つずけて、楽しい集まりがありました。

まず土曜日、友達のひろみさんとこどもたち、そしてマイケルの学校の日本の兄弟校から交換留学できているとも貴君が、うちに来ました。とも貴君は、学校の寮に下宿して自炊してるんだけど、カップラーメンが一番のご馳走だ、って言うんで、今日は、野菜をワシワシ食べてもらおうと、鉄板焼きがメニュー。みんなでワイワイつつき、食後は、お菓子ずくりの天才ひろみさんのお手製のチョコレートケーキを頂きだいまんぞく・・・。
ともきくんは、この間お正月に日本に帰ったのだけれども、その時友達と会えなかったというから、どうしてー?って聞いたら、友達は、みんな受験勉強でそんな暇なかった(ともきくんの出身校は受験校、浦和高校)・・ということで、きいてたわたしは、ヒェーっとのけぞったのでした。そうかー、日本は、いまだにそういう世界なのか・・・。友達と会う時間数時間を惜しんで勉強して何点か多くとって東大に入った子供たちが、世のリーダーになっていく・・・。なんか、暗すぎます。で、ともきくんに、あんたはどうするの?てきいたら、彼は笑って ボクは、いいんです。こっちに大学いこうとおもってます。それから日本に帰っても、アメリカ行っても言いとおもってます、てことでした。ひろきくん!あんたは、エライ!そのおおらかさと、肝っ玉で日本の将来をかえてください!
食後は、ひろみさんと、楽しいゴシップ、そして話題は、エネルギー、タロットなどに飛んで楽しい夜でした。

お次は、日曜日!最近知り合ったひろみさん(別の博美さん)宅で、お友達のつゆちゃん、知美ちゃんそしてだんなさんたちが集まりランチ、そして1月遅れの、紅白歌合戦爆笑、野次飛ばし観賞大会。
ランチは、持ち寄りということで、何もってこうかなー、と決まらなかったのでいつものように、エンジェルに聞いたら(あたしは、なんでもエンジェルに聞くんです!)、美しくもけだかいお告げは、焼き鳥、でした・・。お昼は、おでん、まぜずし、トン汁、焼き鳥、とそろっておいしくってしあわせ!でした。

食後はいよいよ紅白爆笑野次大会!何ですかねー、あれはほんとに日本の歌謡界の縮図なんですかねー?まず特徴は、熟年演歌組、と若手ポップス系組、にひたすら何の接点もないこと。熟年演歌組は、ここ40年ぐらい時が止まった次元に存在し、ひたすらソーラープラクセスから感情コードだしまくり状態。たいする若手ポップス系は、足から下のエネルギーなし、3.3次元くらいに中途半端にただよっちゃってる状態。エネルギーはいってないから声も出ない。それを仕切っているのは、どう見ても時代劇に出てくる悪代官
にしか見えない、みのもんた!

これって今の日本の縮図なの・・・?誰か違うって言って、たのむから。
by hagiel | 2006-02-07 09:03

美しい数式

この世には、美しいものがいろいろあります。
美しい自然、花、緑、水の流れや、雪景色、夕焼け、星空、そして美しい音色、色彩、デザイン、光、空気、人、動き、心あげていきばきりがありません。そしてそれらのものは、普段さりげなく感じたり感動したり、芸術やおんがくで表現されたものに共鳴したりします。いわば、魂がそれらの美しさに共鳴する、というかんじですね。そして、何をどう美しく感じるかは、その人の感性しだいです。そこには、定義というものがまったくありません。私自身にとっては、心地のよい世界です。わたしは、ほぼ自分勝手に何かを見たり感じたりしてそこに美しさを見出し、魂の栄養にする・・・。そして、実にいろんなものに美しさを見出して勝手に楽しめる・・・と自負しています。でも・・・私にどうしても、逆立ちしてもわからない美しさの世界、というのがあります。

もうずいぶん前、ある一冊の本を読みました。エッセイ集だったと思います。題名も作家の名前もうろ覚えです。たぶん数学者の独り言、とかいう題でした。けどそこに書かれていたことは、今も鮮明に覚えています。要約すると大体こういうことでした。その方は、日本のある高名な数学者で、大学でおしえながら、ご自身は、数学の難しい難題を解くことにチャレンジしつずけています。
数学の世界には、まだ誰もといたことがない難題というのが、いくつかあるそうで世界中の数学者がそれらの難題を解こうと時には、一生を費やすこともあるのだそうです。そこには、数学者としての競争、などももちろんあるけれども、数学者がなぜそこまで難題を解くことに取り付かれるか、というのは、・・気が遠くなるほどの、数を計算し組み合わせて解けた数式には、想像を絶するような神秘的な美しさがあるそうなのです。そこに、神の存在を感じる、というようにかいておられたと思います。
これを読んだとき、心から、あーその美しさを経験してみたい、と思いました。と入っても中学、高校時代、数学、赤点、追試常習者の私には、逆立ちしてもわからない世界です。

でも神様は、そんな人間にもちゃんと、抜け道を用意してくれます。たとえば、宇宙で最も美しい数字といわれるPHI.

PHIとは、宇宙に存在する不思議な割合のことで、自然界のあらゆるところにこの割合が、見られます。ちなみにPHIとは、1.618対1 の割合のことで、たとえば、人間背丈とおへそから足元までの割合が1.618、またかたら、指先までとひじから指先までの割合が1・618.

そんな風に自然界にもこの割合が、ありとあらゆりところに存在しているそうです。たとえば、蜂の巣のメスの蜂の数を、オスの蜂の数でわると、かならず1.618になる・・。

これらは、数字に弱くても自然が見せてくれる、数字の美しさ、神秘であるようにおもいます。
by hagiel | 2006-02-05 01:32

クリエイト

まだ3,4回しか書いてないブログでもう何度もズッコケているとおりごく最近コンピューターに触りだし大胆にもホームページまで作ってしまいました。
もちろんこの私がじぶんで作れるわけがないからひとに頼んで作成してもらったわけです。

まず苦労して作成を手伝ってくれる人を探し見つけたのが偶然にも同郷の茨城出身の美穂さん。メールでやり取りしている時から、ウンなんかいい感じと想っていたのですが、初めてあったときに、アッやぱり!と思いました。いまどきの若い人(アッ出ちゃった)にしては珍しく実に誠実なしっかりした印象。それでいてさりげなく勘がよさそう・・と思ったのと、実はもうひとつ・・アっ私この人知ってる勘がビビっときました。そうです、前世でよく知っていた人に出会ったときの感じです。
まあ前世での知り合いというのは、人が思ってる以上に多くて別に珍しくはないのだけれど、美穂さんにはどうも何度も御世話になっていそうです。不慣れな私のあやふやな、分けわかんない要求を実に的確にうけとめてくれました。(涙)

そんなわけで今回のホームページ作成全面的に御世話になったわけだけれど、でもやはり自分のメッセージをこんな風に伝えたいっというのを、表現していくクリエイトの楽しさを味わいました。時には、頭の中に詰まっちゃってもうやだー!状態に陥りましたがそんな時は、しばらく離れて休んで、頭スイッチ オフ、そしてハートセンターにチューニングします。するといくら頭で考えていても出てこなかったアイデアが、心に浮かんできます。

クリエイトの楽しさ 癖になりそう!そしてこのクリエイトの楽しさは、人生をクリエイトする楽しさの共通するきがします。

みち子さん、しまちゃん、lizzyもみんなありがとネ!
by hagiel | 2006-02-03 09:00

大失敗

大失敗です!
昨日書き込んだINDIGO CHILDRENに書き込みしてくださったMARIELさんと、もう一人の方(ごめんなさい、おなまえまだキャッチしずまいでした)にお答えしようとしていて、間違って全体をけしてしまいました。まだなれないもので・・・。これに懲りずに、また書き込みおねがいしますね!
ほんとに、ごめんなさい。
by hagiel | 2006-02-01 04:04