人気ブログランキング |

<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

キリスト意識

今日は、思いきって書いてみます。
これがどんな文章になるか書き始めているいまは、まったくわからないけれどもハートセンターに沿ってチャネルしてみようと思います。
まずはじめに、ここ数日間とてもすばらしい時をすごしました。とても近しい魂の存在であることは感じていても実際にはまだ会ったことのなかったヒーラーの友人が泊りがけで会いに来てくれました。初めて会ったのにお互いのことが何でもわかっている不思議な感覚に包まれながら、尽きることなく話し合いヒーリングを交換し、また私たちの共通のやはりヒーラーである友人も参加して本当に素敵な時間でした。

そして私たちが流れるようにとりとめもなくしていた会話の中で最も心に残っているのは、キリスト意識についてです。
今までにもこの意識を共有する人たちに会ったことは少なくありませんが、今回はお互いに通じるものが特にパワフルであったように思います。
私たちは、いっさいの宗教から直接関係のない立場でヒーリングをします。ヒーリングを受けに来る方の中には、いろいろな人種や宗教の方がいますが同じ人間であることには、かわりないということです。 しかし私の意識の基本のところに強い意識のエネルギーが存在します。それがキリスト意識なのです。ですが私は、キリスト教徒では、ありません。

 この意識の存在は、子供のころからいろいろな形で私の心に語りかけてきました。それは、常に私の心の中に存在して波風の多かった私の人生を、したえてくれました。
と同時に宗教としてオーガナイズされたキリスト教の教えになんとなく疑問をだきつづけてもきました。
いろいろな過去生での記憶なども呼び覚まし、私なりの心の旅であったのですがひとつのクライマックスが一昨年自分自身がヒーリングを受けた時に見たイメージでした。
そのイメージは、十字架を背負うキリストを胸が張り裂ける思いで見ている自分でした。そのイメージをみながらヒーリングを受けている私は、20分ほど床を這いながら泣き続けました。今これを書いていても涙を止めることができません。
この強烈なイメージが何であるのか、記憶であるのか、または私の心に存在する何物かがこういうイメージという形をとって表現されているのか、それはわかりません。

ですが約1年かけて自分なりに理解したことは、こういうことでした。それは自分の心の奥に隠れている罪の意識。それは、キリスト教が教える、人間は、原罪とともに生まれる、といったものでは、ありません。むしろその反対で、人間が解き放つことのできない罪の意識の幻想、そしてそこから生まれる自己否定の感情についてです。そしてあらゆるネガティブな感情の裏に実は、自己否定の感情が隠れている、という事実です。そして今わたしたちは、長い間抱き続けてきた自己否定の幻想を解き放つ時である、ということです。
そしてその奥に無限の可能性と喜びがある、ということです。

心の友と語り合いながら、またいろいろな思いを新たにした数日間でした。
by hagiel | 2006-04-22 22:25 | ヒーリング、ACIM

アセンション狂奏曲

今日は、ちょっと辛口コメント。
最近アセンションという言葉をよく耳にします。特に日本のスピリチュアル系の文章などで。
それは、大体2012年前後の地球規模での大きなエネルギーのシフトによる人類への影響それに伴う変化の可能性のことを言っています。そして今実際に天体に次から次へと大きな動きがあってうねりのようなエネルギーウエーブが地球に届いているのも事実です。だから大なり小なりその影響を受けて人生ひっくり返るような経験をしたり悩んだり苦しんだり逆にハイになったり・・・とにかく動きが多い・・・。
確かに人間は、大きな転換期に来ています。そしてこの時期におおきくジャンプ、アセンションできる可能性のあることも本当、 それでもってアセンションとは・・?人間として生きている私たちのエネルギーのバイブレーションがあがりより高いレベルのBEINGとなることです。ワクワク、ドキドキ、エキサイティング!です。でも・・・・・
実は、辛口コメントここからです。実はアセンションという言葉は、日本国内でのここ急速に広まったスピリチュアリティームーブメントの中で一番多く耳にします。そこから感じるエネルギーは、なにか浮き足立ってしまっている、という印象があるんです。何か、嵐がくるー!といって駆け回っているような感じ。それでもって急にメデティーションしてみたり、チャネリングやサイキックデベロップの練習してみたり・・・。自分でやるだけなら勝手だけれど、それを種に妙に世の中をあおっている人たち商売の種にしている人たちまでいることです。
そういう動きをどう思うかっていうと、別に非難する気は毛頭ありません。エネルギーがシフトしているのは、紛れもない事実なんだから・・・。けれどちょっとだけ忠告です。大きな嵐の中で生き残りたかったらどうするか???それは、やたらと駆けずり回らないことです。地に足をしっかりつけて動じないことです。上にいこうとあせっているとふっとばされてどっかに飛んでちゃいますよー!実はその失敗をしちゃったのがアトランティスなんです。
スピリチャリティーは、昨日今日始まったことではありません。スピリチャリテーとは、肉体を持ってこの世に生きている魂のいとなみそのものです。その場その時をいかにハートセンター(真心)にそって生きるか、それしかありません。そしてそれが結局アセンションへの唯一の道なんです。近道は、ありません。
by hagiel | 2006-04-19 02:49 | ヒーリング、ACIM

アイスランドの温泉と幻のオーロラ

氷と火の国アイスランドに行ってきました。
北緯63度ー68度に位置し国の北部は、北極圏に位置するけれど多くの火山があり間欠泉の地熱を利用した温泉も多いアイスランド、まさに氷と火の国です。また雄大な滝、フィヨルド、空に向かって吹き上げるホットスプリングなどの大自然でも有名です。日本人の私にとってなんと言っても魅力的なのは、ブルーラグーン、小さめな湖ほどもある温泉です。地中と海底の両方から入ってくる温泉水は、塩辛くその名の通り青白く幻想的です。本当に大きくて温泉の大好きな子供たちも大満足でした。
そして大自然、国土の多くは、溶岩に覆われていて黒っぽくゴツゴツしているけれどガイザー地帯の滝、ホットスリング、ボルカニッククレーター圧倒的な迫力です。特に雄大な滝がそのまま峡谷に落ちていGullfossの滝は迫力でした。実はこの滝の清らかなエネルギーにクレンジングしてもらうのも今回のたびの目的。滝のわきに座り持ってきた大事なクリスタルも並べてもうウットリ。滝のスピリットにチューニングインしてみると女神のエネルギーであったのが以外でした。
動物好きのマイケルのたっての希望で乗馬もしました。雪の平原を先導者の後を2時間ついていくのですが、結構早足で走らされたりしてはじめは、馬から落ちないように必死!ワイルドな経験でした。
今回の旅のもうひとつの目的が、オーロラを見る事。4月は、ちょっとシーズンからずれていて見られる可能性は、半分ぐらいといわれていましたが希望をもっていました。けれど当日はあいにく朝から雪、空は厚い雲に覆われています。あきらめきれず空を見上げては祈りましたが夜まで雪はやみませんでした。子供たち共々ガッカリでしたが気を取り直しおすすめのシーフードレストランに行ってみることにしました。雪の中を歩きやっと見つけたレストラン、期待に満ちてメニューを見始めた私たち、スターターの最初にかかれたメニューを見て目が点になってしまいました。なんとドルフィン カルパッチョと書いてあったのです。エ!ドルフィン・・・いるかのカルパッチョ???まさか!!!きっと何か違う魚の料理にこんな名前をつけたんだよ、なんてはなしていましたが、ウェイトレスに聞いてみたらやっぱり、いるかでした・・・。何とか料理を注文した後何かシーンとしてしまった私たち、野生のいるかたちと泳いだ経験があたまをよぎったのでした。
ニッキーがボソッと”アイスランドの人たちは厳しい自然の中、海で獲れるものはなんでもたべてきたんだよ”、本当にその通り批判なんかできません。日本だって鯨の事でいまだに世界中から非難されているんだし・・・。でも21世紀の今レストランのメニューにいるかが堂々と乗っているのが驚きでした。そんなわけでアイスランド最後の夜は、オーロラの代わりにレストランのメニューにいるかを見つけて暮れて行ったのでした
by hagiel | 2006-04-07 01:42 |