人気ブログランキング |

<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

クリケット

今日は、一番下のジェイミーの今年初めてのクリケットの試合でした。
クリケットは、短いイギリスの夏の風物詩のひとつです。手入れされた緑の芝生の上の真っ白なユニフォーム。観ているほうは、ピッチの周りの芝生に座り、ワインやビールを片手にのんびりピクニック気分で観戦です。
クリケットぐらい好き嫌いの分かれるスポーツもめずらしい・・・。好きな人は、とりこになるし、興味のない人は、あんな退屈なスポーツはない!とくそみそにけなします。実は私もイギリスにきたばかりのころは、まったく理解できず(ルールが実に複雑でゲームに要する時間がやたら長い・・・)なんてつまんないゲーム、て思っていました。でも長男、次男、三男共にクリケット好きで練習に連れて行ったりゲームを見続けたりですっかりクリケットにくわしくなってしまった・・・というわけです。
クリケットのルールを説明するのは、ちょっと難しいのですが、バッツマン(バッター)、ボウラー(ピッチャー)、フィールダー(外野手)のいるところは、ちょっと野球にも似ています。
一見のんびりしたジェントルマンのスポーツ風ですが、なかなかどうして緊迫した場面も多いのです。

これまでの子供たちの試合の観戦暦で一番緊迫したのは、忘れもしない・・・次男マイケルのエレメンタリースクール地区対校試合決勝戦。うちの学校はクリケットが強くて5年ほど優勝続き。だからその年も当然優勝を期待されての決勝戦!そして試合のおおずめ、1点差で勝つか負けるか、の状況になったのです。それも状況は、野球で言えば、ツーアウト満塁状態!そしてボウラー(ピッチャー)がマイケル・・・!
味方のチーム、相手のチーム息を詰めて見守る中最後の一球が投げられるまでの何分かは、私の人生の中でも最高に長い数分間でした(笑)。はっきりいってしたを向いて手で顔を覆い観ていられなかった・・・。そして次の瞬間歓声が聞こえて恐る恐る目を開けてみたら、マイケルは無事相手のバッツマンを打ち取って試合終了していました・・・。無事任務を果たした彼にやれやれでした。あの時もらったメダル、マイケルの最高の宝物、もしかして一生の宝物・・(笑)

ジェイミーは、上の子2人に比べると体も小さくナチュラルなスポーツマンでもありません。チームの中でもどちらかと言うとその他大勢の存在。でも気持ちは人一倍明るく一生懸命でチームを明るく盛り上げています(笑).本当に生き生きしている、そんな彼の姿を見ているのもつくづく楽しいものです。

目を瞑ると3人それぞれのいろんな場面が心にうかんでくる・・・。
そんな彼らの姿の一瞬一瞬(命の輝き)が私にとってかけがえのないものです。
by hagiel | 2006-05-13 06:11 | 子育て

それでも地球は、まわっている

ロンドンは、やっと春らしくなってきました。遠慮がちだけれど太陽が出て時にはポカポカ暖かくなり、昨日今日と長い散歩を楽しみました。やはり自然の中にいるのが一番です。
イギリスの長い冬の後の今頃は、咲き始めたいろいろな花のきれいさが目にしみます。道端に生えた雑草の花が妙にきれいだったりもします。
いつも思うことは、地球ってなんてすごいんだろうってことです。たとえば花の色。赤、オレンジ、黄色、青、紫、ありとあらゆる色があります。その色ひとつひとつ皆微妙にちがいます。そして木々の緑。これもまた本当に驚くほどのバラエティーです。その上に形や姿のちがい、そして香り・・・。そしてこれらのものがみんな地球の中から生えてくるんです。これが奇跡でなくってなんでしょう。
あとクリスタル。うちにはクリスタルがたくさんあります。クリスタルは、エネルギーを流すのでヒーリングまたは、遠隔ヒーリングに使います。その他、場所のエネルギーの浄化をプログラミングして部屋においておきます。そしてこのクリスタルの色や形、模様の微妙さも見事です。
クリスタルで思い出すのがこの間アイスランドに行ったときの出来事。球形のローズクオーツを誤ってホテルの3階から下のコンクリートの上に落としてしまいました。驚いたのは、壊れなかったばかりか傷ひとつなかった事です。このとき感じたのは、クリスタルは地球の象徴でコンクリートは、その上で人間がやっていることの象徴。人間は、地球にいろんなことをしているけれど、根本的なところでは地球はびくともしない、ということです。
私たちが生きていくうえで理解しなければならないことは、または理解したほうがよいことは、自分たちの身の回りにおきることは、常に自分自身の内面を写す鏡として起こっているということです。日常生活の小さなことから環境問題までそうです。
人間は魂としての存在が肉体、感情、精神、の衣を着ていろいろな経験をするためにこの地球上に生きています。そして地球はその場所を私たちに提供してくれているのです。
ここが肝心なのだけれど地球で起きていることは、皆私たちの内面の鏡であるから環境問題が切羽詰って感じられたらそれは実は私たちの内面が切羽詰った状況にある、ということです。
そしてもっと肝心なことは私たちは地球の心配をするよりまず先に自分の内面を何とかする、または何とかする責任がそれぞれにある、ということです。
何があっても地球はびくともしない・・・。大切なことは地球からもらった教材や課題を生かして私たちがどれだけまっすぐに自分の内面を見つめるか・・・なのです。
by hagiel | 2006-05-01 03:56 | ヒーリング、ACIM